Japanese

福音とは、「良い知らせ」です。


 私たちは、毎日のように新聞やテレビなどを 通して悪いニュースを耳にします。

世界的な経済危機、リストラ、いじめ、自殺、悲惨な事件など

暗いニュースばかりで心も暗くなってしまいます。

しかし聖書は、私たちに良い知らせを伝えています。

それが福音です。

福音とは、良い知らせという意味です。

何が良い知らせなのですか


 聖書の伝える良い知らせとは、「神があなたを愛しておられる」ということです。

どれほど神は私たちを愛しておられるのでしょうか。


  神は、ご自分の最愛のひとり子イエス・キリストを

十字架におかけになるほどに私たちを愛しておられると聖書は教えています。

キリストは、私たちの罪のために、十字架で死なれ、葬られ、

聖書の示すとおりに、三日目によみがえられました。


 このキリストを信じる者は、誰でも救われるというのが福音です。


 聖書にこう書かれています。 

「神は、実に、そのひとり子(イエス・キリスト)をお与えになったほどに、
   世(あなた)を愛された。それは御子(イエス・キリスト)を信じる者が、
   ひとりとして滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」(ヨハネ3:16)

「私たちがまだ罪人であったとき、
   キリストが私たちのために死んでくださったことにより、
   神は私たちに対するご自身の愛を明らかにしておられます。」(ローマ5:8)

「神はそのひとり子を世に遣わし、その方によって、
   私たちに、いのちを得させてくださいました。
   ここに、神の愛が私たちに示されたのです。
   私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛し、
   私たちの罪のために、なだめの供え物としての御子を遣わされました。
   ここに愛があるのです。」(Ⅰヨハネ4:9-10)

なぜキリストは十字架につけられたのですか


 聖書は、「キリストは、私たちの罪の身代わりとして十字架につけられた」と教えています。

十字架は、当時の処刑の道具でした。しかも、極悪人がつけられるものでした。


 聖書は、キリストは罪を犯したことがなく、

その口には何の偽りも見出されなかったと証言しています。


 それなのに、なぜ十字架につけられる必要があったのでしょうか?


  歴史的な事実としては、
  ユダヤ人たちのねたみによって、ローマ兵たちに引き渡され十字架につけられました。

しかし、霊的な意味は、
  十字架は、私たちを罪から救うための神の方法だったのです。

聖書にこう書かれています。

「神は、罪を知らない方を、私たちの代わりに罪とされました。
  それは、私たちが、この方にあって、神の義となるためです。」(Ⅱコリント5:21)

罪とは何ですか


 聖書の言う罪とは、「的はずれ」のことです。

聖書は、「すべての人は神から離れた状態である」と教えています。


 人は、親からウソのつき方を教えてもらったことがないのに、

物心ついた頃には、上手にウソをつくことができます。

なぜなら、人はみな生まれながらに罪の性質をもっているからだと聖書は教えています。


 ですから、誰から教わらなくても罪を犯すことができます。

罪を犯したから罪人なのではなく、罪人だから罪を犯してしまうのです。


 聖書にこう書かれています。

「人から出るもの、これが、人を汚すのです。内側から、すなわち、
  人の心から出て来るものは、悪い考え、不品行、盗み、殺人、
  姦淫、貪欲、よこしま、欺き、好色、ねたみ、そしり、高ぶり、
  愚かさであり、これらの悪はみな、内側から出て、人を汚すのです。」(マルコ7:20-23)

「義人はいない。ひとりもいない。悟りのある人はいない。
  神を求める人はいない。すべての人は迷い出て、みな、ともに無益な者となった。
  善を行う人はいない。ひとりもいない。」(ローマ3:10-12)

「すべての人は、罪を犯したので、神からの栄誉を受けることができない。」(ローマ3:23)

「罪から来る報酬は死です。しかし、神の下さる賜物は、
  私たちの主イエス・キリストにある永遠のいのちです。」(ローマ6:23)

なぜキリストだけが救いの道なのですか


 それは、「キリストは私たちの罪の身代わりとして死なれ、
 死人の中よりよみがえられたからです。」


 世の中には多くの宗教があります。みな自分たちが正しいと主張します。

しかし、残念ながらいかなる宗教も人を罪から救うことはできません。

精神的な拠り所や御利益はあるかも知れませんが罪の問題は解決できないのです。


 キリスト教も人を救う力はありませんと言うと驚く方もいらっしゃるでしょうが、そのとおりです。

宗教的な行為や儀式、また善行が人を罪から救うのではなく、

ただイエス・キリストだけが人を罪から救う力があるのです。


 なぜなら、キリストは私たちの罪の身代わりとなって
 十字架で死なれ、死人の中よりよみがえられたからです。


 もしキリストが死んだだけなら、彼も偉大な宗教家のひとりでしかありません。

私たちの罪は残ってしまいます。


 しかし神は、キリストを死人の中よりよみがえらせることによって、

キリストが神の御子であることを証明してくださいました。


 ですから、この十字架につけられたキリストを信じる者は誰でも罪から救われるのです。

救いは、行いによるのではなく、

キリストを信じる信仰によってのみであると聖書は教えています。

このキリストとの個人的な関係に生きるのがクリスチャンです。


 聖書にこう書かれています。

「あなたがたは、聖書の中に永遠のいのちがあると思うので聖書を調べています。
  その聖書が、わたしについて証言しているのです。それなのに、あなたがたは、
  いのちを得るためにわたしのもとに来ようとはしません。」(ヨハネ5:39-40)

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、
  だれひとり父(まことの神)のみもとに来ることはありません。」(ヨハネ14:6)

「主イエスは、私たちの罪のために死に渡され、
  私たちが義と認められるために、よみがえられたからです。」(ローマ4:25)

「わたしは、よみがえりです。いのちです。わたしを信じる者は、死んでも生きるのです。
  また、生きていてわたしを 信じる者は、決して死ぬことがありません。
  このことを信じますか。」(ヨハネ11:25-26)



どのようにキリストを信じるのですか


 それは、「祈り」によってです。


 聖書にこう書かれています。

「なぜなら、もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で、
  神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、
  あなたは救われるからです。
  人は心に信じて義と認められ、口で告白して救われるのです。」 (ローマ10:9-10)

「見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。
  だれでも、わたしの声を聞いて戸をあけるなら、
  わたしは、彼のところ に入って、彼とともに食事をし、
  彼もわたしとともに食事をする。」(黙示録3:20)


 ですから、あなたの言葉で次のようにお祈りください。

「天の父なる神さま、

イエスさまが、私の罪の身代わりとして十字架で死なれたことを聞きました。

私も罪人です。イエスさまを私の罪からの救い主として信じます。

また、私の人生の主として心に受け入れます。

どうぞ私の罪をお赦しください。

赦されたことを感謝します。

イエスさまのお名前によってお祈りします。アーメン」 

この祈りをされた方は、神の御前に、キリストによって罪が赦され、

永遠のいのちが与えられました。


 さらに、神のことばである聖書を学ぶことによって、

神の愛、神の恵みを深く理解することができ、

神があなたの人生に用意しておられる良いご計画を知ることができます。


 教会では、神のことばの全体、創世記から黙示録まで一章一節ずつ学ぶことができます。

どうぞお気軽にお越しください。

あなたの人生に神さまの祝福が豊かにありますように。

<トップページへ戻る>

福音とは – カルバリーチャペル那覇

http://www.calvarychapelnaha.com